舞い散る日々のなかで踊れ

二次元とジャニーズを主食に生きてる。

終わりなき君へのDays

「君、僕。」の特典コンテンツを視聴するときのベックスアンケートの自由項目に「キスマイが世界を変えていく景色を観たい」とかいう超絶厨二なこたえを自動筆記かのごとく書いてしまうあたり、なんだかんだ言ってわたしはキスマイがめっちゃすきなんだなーと気がついたままDVDが発売されたので、結局それはその認識を深める要因にしかなっていなくて、世の中うまくできてるなーと思っているしだいだ。

もう夏にぐちゃぐちゃ考えていたことは忘れた。というか京セラの時点ですでにそんなことどうでもよくなってたかもしんない。結局、たぶん、わたし一生藤ヶ谷担するんだろうなって思ったし、なんならきっと前世も藤ヶ谷担だったし来世も藤ヶ谷担するんだろうとか思えてならなくて「うっ…」て震えてた。もしたいぴが猫になっててもみつけるね!もしわたしが猫…みたいな愛玩動物に生まれ変われるとは思えないので、虫とかでもいいけどさ、まあ、飛んでたらその手で追い払ってよ、とかそういうあほな思考で生きてたらいつのまにか冬がくるね。

こないだ、できごころでつい藤ヶ谷くんとじぶんのホロスコープをダブルチャート出してしまって、あーこれは理屈じゃないなーそりゃ自担になるわーかんたんには離れられそうにねーなと妙に納得したから、まあそういうことなんでしょう。いや、どういうことなのよ?仔細にホロ読めないので詳しくはわかんないし、こんなこと言っておいて前世とか来世というものにたいしてわたしは「んー?ふふ…」と苦笑いしてしまうくらいには懐疑的なのだけれども。

 いま「LIVE TOUR 2018 Yummy!!you&me」のDVDがどれだけエモかったかを壁打ちしたくて深夜に書いてる。

まだ本編とマルチアングルと西武ドームと、会議と7人の企画観ただけなんだけど、とりあえず「Break The Chains」「FREEZE」「蜃気楼」の流れはすべての生きとし生けるジャニオタのみなさまに観ていただきたいって気分になる。これ全員でのパフォーマンスも最高なんだけど、この3曲をマルチにしたエイベックスに「いいね!」×10000くらいしたい。わたしのブログじゃ、アンバサダーの役割はまったく果たせないと思うんだけど、とりあえずはっとこ。これはエイベックスの公式チャンネルだからはっても大丈夫…な…はず…


Kis-My-Ft2 / 「Break The Chains」LIVE MOVIE(LIVE DVD & Blu-ray「LIVE TOUR 2018 Yummy!! you&me」収録)

おい!!!さいこうだな!!!!!!!あいしてる!!!

黒着てるキスマイだいすき。なぜなら強いから。オープニングに来ている花や果実、ファーストフードをあしらった洒落た衣装や、特効曲パートのときのいわゆるジャニーズ的な青ベースのキラキラもすきだけど、黒と白は特別だ。

あ、あのオープニングの衣装についてたラベルや背中の文字を全員分、特典シールで知った。エイベックスのブログに書いてあったらしいんだけど記憶ないし、たぶんそれ読んでないんだな。SMALL、PIANiST、OTATOP、BURN…って、え、まさか、え、炎上?ぶっこみすぎだろwwwって焦ったけど、そういう意味じゃないねごめん。

 DVDのCMが7人並んだこの「BTC」からはじまったのもすきだよ。もうぐわってなるからね胸が…おたくは単純だからね…あんなふうに攻めた顔つきで踊られたら「はあ…自担…最高…」ってなるから。極論、もうそれでいいんだなって思った。「はあ…自担…最高…」って手放しで言えたら、もうそれでいいんだよな。なんかぐちゃぐちゃ考えてても、ある一瞬でそこまで飛んでいけたら、わたし、もう十分。ありがとね、ジャニーズというあたらしい世界で、6年間もそんな夢をくれて。きみたちは最高だよ。何目線だよ愚痴垢かよって言われちゃいそうなやきもきもはらはらもいらいらもいろいろしたし、このさきもないわけじゃないんだろうけれど、そういうものを雲散霧消させる瞬間が観られたらもうそれでいい。永遠じゃなくてもいいから。そんな瞬間をできるだけ記憶したい。わたしたぶんここに着地したかったんだな。ようやくわかった。

ここ数年、NEWSのシゲ担のともだちと「担当とはなにか」というジャニオタ哲学について隙あらば語っている。長文LINEを交わしてもファミレスで8時間費やしても(いざ文字にするとやばい)、おたがいにはっきりとこたえが出せなかった。だけどそれを提示することができる可能性の芽をこのライブDVDでみつけた気がする。つっても生で観てるんやけどなーこのライブ。そのときもたしかにこのセクションはエモエモのエモとか「一生すき」とか騒いでぎゃんってなっていたけれど、ここまでの感覚に陥るのは、映像になってはじめて全体像をきちんと観ることができたからかもしれない。

 ひとつだけ贅沢言うとしたら"気づけばこの世界をコンプリケイテッド"するキスマイみたかったのでフルコーラス求む。

ほんとうにこのあとの「Flamingo」までの4曲の流れ永遠に観ていられるし、毎度新しい鮮度で「かっこいい」って思えて、心臓鷲掴みされるからいまなら心臓捧げられるし、なんなのもう意味わかんない。「FREEZE」のダンスもめっちゃかっこいいのもう意味わかんない。この曲がラストにむかっていくとき、メンステからセンステへ通路を踊りながら移動してくるところ、もうばかかっこいい。ファッキンスペシャル。ねえほんとありがとう。こんなところを見せてくれて。うーんテンションがほんと深夜だ。でも黙らない。

あーわたし、このひとたちのことすきになったんだよなあって、ひさしぶりに胸の奥底から噴き出すように実感したから。ひたすらうれしい。このタイミングで来週、平成さいごの冬にライブあるんだよなあ。キマりすぎだわこれは。これわたしきっと10周年までついていくっていうかもはや並走するね。確信した。むしろ愛がスピードあげて本人たちを追い越しちゃうね。どうした。

それまでになにがあるかは誰にもわからない。

だけど、いまはすきな季節が来たし、ごはんはおいしいし、なんか軽やかだし、キスマイはかっこいいし、たのしいさいこう。そればっかじゃぜったいいられないし、どこかでまたもうやだーーーーみたいな案件にぶちあたるときもかならずあるし、つきない悩みだらけでも、いま笑えるんだから笑っとこ。っていう気分にもなる。キスマイのDVD一枚で!

今年は前年比250%くらいで走ったけど、振り返ったらすごく濃くて楽しい…うーん、楽しいというのとすこしちがうな、ありえないくらい悲しいこともあったしな…なんだろう、たわわ、とか、夜明け、とか、枝葉、とかがイメージに近いな。むちゃくちゃアプデを繰り返したような気もするし来年どうやって生きよう…ってくらい出し切った感あるけど、とにかく一年をこういう気持ちで終われるのであればわたしめちゃくちゃラッキーじゃん!ていう。

ところでおなじみ特効打ちまくり終盤で披露された「Tonight」イントロダンスでのたいぴの首の入り方がめっちゃすき!キスマイはやっぱりドームだなあって思うのは、この特効も大きいかもしれないな。どんだけMPもってんの?ってくらい火使いキスマイやっぱりつよい。

全体的に、現場で観たときは、いや…家族とか友達っていうよりプロフェッショナル集団でいてほしいけどな…って気持ちが先行してもやったのが事実なんだけど、「7年目にしてきちんと話した」という言葉が特典として収録された西武ドームのあいさつで藤ヶ谷くんから出てきて、なんというか、ここから更にステップアップしていくための地固めとか地盤とか、そういう立っている場所を考えたときに、やっぱりまずメンバー、つながりみたいな意識になったのかな?と思い直した。

キスマイに圧倒的に足りないのは話し合いだろうね、とだいぶまえにうちの玉森担が言っていたことがあるんだけど、まさか7年目まできちんとした機会がなかったとはびっくりだよ!曲決め会議とか、作業的な、制作上の裏はあまり見せたくないかもしれないけど、これからもそういう仕事をしているキスマイのすがたをすこしでも映像におさめてほしいな、と思った。アイドルだから、表のキラキラしたところがすべてであったり、どちらかといえば密着やメイキングのわちゃわちゃが占める割合が多いけど、社会人!仕事人!みたいなところを見るとまた違った角度でぐっとくるから。「曲を育てる」って言葉も出ていたけど、ほんと!披露されていない聴きたい曲いっぱいあるよ!(おたくのわがまま)キスマイまだまだできることたくさんあるし可能性たくさん持ってるなって感じられたこともうれしい。

その西武ドームの最後のあいさつって、たしか当時ざわついたんだっけな。

藤ヶ谷くんはけっこうフォロヶ谷ぽいところがあったり、ん?保身…?っていう予防線引きにきちゃうように感じるときもあるし、あの原因になったできごとも、やりすぎてたち悪くなることがあるから、いろいろ言われても仕方ないと思うし「脱退しろ」とかも一部で言われてたみたいだけど…現場にいたわけじゃないし、全文見たわけでもないのでこのDVDではじめて聞いた。

これは、もし現場にいたら号泣してたかもな…

「20代は色々考えすぎてた」だっけな?これは東京ドームのほうかもしれない。それを越えての「30代はもっとアイドルを楽しめそう」っていうのがほんとうに響いた。楽しんでほしいとこころから思うよ。ほんとうにそれを願ってるよ。「届くようにがんばって色々チャレンジしていくんで、ほんとに」(ニュアンス)って言ったときの照れ隠しのような声と笑顔がもうなーーーー生きてるだけで自担:藤ヶ谷太輔すぎた。

でも「6人はほんとかっこよくて、特技もない俺なんかが混ぜてもらって」なんて言わないでほしいな~~~~かなしい。怒るよほんと。

それを聞いて「いやいやたいぴがなにもないなら、うちらゴミくずにもなれないじゃん、もう存在すらなくなるじゃん」「それな」とか冗談も言ったりしたけどさ。

アイドルは非日常の存在だ。でもわたしたちの日常に接してもいて、アイドルがすべてではないけれど、それぞれの人生の物語を彩っている面もあると思っている。たとえば藤ヶ谷担なら、その物語の中心に藤ヶ谷くんがいるんだと思うよ!!藤ヶ谷担何万人いると思ってるの??藤ヶ谷くん!!あなたその何万人もの物語のど真ん中なんだよ!!すごいことだよ!!それは藤ヶ谷くんがありあまるほどのものを持っているからだよーーーーって言いたい。わー届かないわ。せつない。

わたしは、今のようなかたちでおたくになるという意味では、ジャニーズというあたらしく広い世界への扉が藤ヶ谷太輔というひとであったし、その扉をくぐったあともずっとずっと藤ヶ谷くんがその世界の中心に立っている。まだ6年くらいでも、藤ヶ谷くんのファンになってなかったら、見られなかった景色も、これまでの人生では体験できなかったこともたくさんあるし、知らなかった感情もある。どんなものがすきでも趣味でもおなじことだけれど、共鳴したからこそ、それをとおしてたくさんの価値が生まれて、その価値が人生やひとのかたちに影響していく。選ばなかったものにどんな価値があったのかはわからない。もしも6年前にキスマイをすきにならなかったら、いまどんなわたしが存在していたのかも知るすべはない。だけど、キスマイやジャニーズをすきになったことにたいして、ひとかけらの後悔もないから、いまのじぶんだって正解なんだよなーーーー

だから!!じぶんがなにもないなんて、そんな悲しいこと言うなよ!!そもそもまず藤ヶ谷くんが思い切り笑ってたらおたくはしあわせでごはん3杯食べられるときだってたぶんあるよ!!混ぜてもらって…って女子のグループかな?混ざってるんじゃなくて、そこにたしかに必要な存在なんだよーーーー

でも、それをあの場で言ってしまった藤ヶ谷くんのこともそれはそれですきなんだけどね。ねえもうほんとわたし誰?うるさいね。

とにかく、このDVDはめちゃくちゃあがる。

そろそろ大掃除しなきゃと、部屋がすごいことになってるんだけど、それ放ってこれを観てしまう。

ほんと、みんなアイドルになってくれてありがとう!!

そういえばつぎのアルバムって例年通りだと「F」からはじまるんだよなあ。家族家族言ってたから直球で「Family」だったらどうする?って話してたんだけど、Fってたのしい単語多い気がするからたのしみ。横尾さん=料理=Yummy!!っていう連想ゲームぽい側面もありなら、たいぴならファムファタールとか…って言ったら、それは却下された。でもそれベッタベタなアルバムになりそうだわ。わたしのセンスのなさな。