舞い散る日々のなかで踊れ

二次元とジャニーズを主食に生きてる。

ホロスコープはかく語りき。

先日、創作活動について深く掘り下げてホロスコープを読んでいらっしゃる水煮さんという方に鑑定していただいた。わーい!!ホロスコープ鑑定初体験!!

 

▽水煮さんのブログ

hoshican.jp

 

ことの経緯は、腐りかけていた夏、今まで以上に異常に占いを読む→そのうちに個人のホロスコープというものが存在していることを知る→なんやかんや調べているうちに水煮さんの創作活動とホロスコープについてのブログにたどり着く→思いきって鑑定をお願いする、である。

約4年前に突然変異のごとく発生した「ジャニーズかわいい(^q^)」をひたすら呪詛のように書き連ねる場所として、ここ2年ばかりはてなブログに席を置いているけれど、べつにジャニーズがかわいくなくてもわたしはどこかでなにかを書いていたと思うし、これまでもそうしてきた。媒体としてブログを選ぶとき、なにかしらの着火材があるのが前提なので今はたまたまジャニーズ+αについて書いているけれど、もともとは創作活動に重きをおいていて、ここ何年かは二次創作しかしていないにしても、わたしはだいたいにして書くのがすきだし、書いていないとしぬっていうか、頭の中で渦巻いているものを文字にしないと膨れ上がりすぎた脳がたぶん破裂すると思う。それにじぶんが口で話すよりなにより文章がいちばん饒舌で、素直になりやすい手段だと捉えているからだという気がする。

けど下手の横好きって言うやん?それすぎてつらみしかないんだけど、頭の中にある感覚やイメージ、浮遊しているものをうまく表現できなくて、それに詰まったら止まるし、でもそこにこだわりたくて考えるうちに逆に散漫になって気分乗るまでほっとこって思ってたら2年くらい経ってた。たまに書いても結局PCに未完がたまっていく一方に…書いたらそれで満足じゃなくて創作したらやっぱり誰かに見せたいじゃん!は?承認欲求モンスター?うるせえ。

もう満足したのかなとも感じている部分もあったし、もういっか~~~~~って投げやりにもなったけれど、やっぱり継続したくて水煮さんにお願いしたんだと思う。でも、鑑定してもらうまでの数日間「いや、向いてないですね」とか言われたらブログも含めて書くことをすべて辞めようくらいの勢いでいた。だいたいが極端。オールオアナッシング、それが蠍座。どこかで読んだ。

過去に、友達に連れていかれて行った霊視ができるという占い師にくそみそに自分を否定されて以来、誰かに個人を鑑定してもらうのはもうたくさんだと思っていたし、雑誌の星座占いだけ読んでいいことだけ信じてますけど?というスタンスでやってきたので、おそらくなにかきっかけを欲していたのだと今となっては思う。

ちなみにわたしは個人のホロスコープを究極の個人情報だと考えているので、全体図を貼る??いやいやちょっと無理っすねwってかんじだから、太陽と月は蠍座水瓶座にいますとだけ。月星座は作風が現れたり、物語の落としどころとして活かせるそう。

 

いや…結果から言うともう

ホロスコープこわい。ほんとこわい。

言ってしまえば個人のホロスコープはじぶんが生まれた日と時間、場所における天体の配置でしかない。だけどその配置に思い当たることがいろいろと映し出されたらもう恐怖でしかなくない?信じるか信じないかはあなたしだい!ってレベルじゃなくて、「これ信じなくてなに信じるんだ?」(真顔)ってくらいのレベル。一生に一度くらいは、みんな見てもらってもけっこうおもしろいんじゃないかな?と思う。占いが当たるとか当たらないとか「そのうち~でしょう」「いつか~かもしれません」とか抽象的なものというよりも、こういう生き方をしやすいから、たとえば膠着状態になったときこうするといいよ、なぜなら…と理論的に答えを提示するのに近いかもしれない。理系っぽいっていうか。わたしの場合だと「人からの刺激で動くタイプ」「家の中でいろいろするかんじ」なホロで、それほんとわかりみと自覚しかないんだけど、だからこそ「外向きな活動してバランスとったり、フィードバックないと疲れちゃうよー」みたいな。このあたりは通常のホロスコープ鑑定でも言われたりするのかもしれないけれど、冒頭でも書いたように、水煮さんはそれらではなかなかフォローしきれないこと…創作するうえでの悩みだったり、自分の強みや武器だったり、具体的な時期とかも、いろいろな角度からアドバイスをいただいた。

とりあえずまず「そろそろ世の中に出せよ」(ニュアンス)って言われたので「できない」とか「は~~~無理」「時間が…」とか言ってないで出そう。

「エネルギーの使い方、配分がテーマ」っておはなしが出て、あ~~~それ原因のひとつかも、って感じた。要は配分が下手くそだから時間もないし情熱がさまようんですね…っていう。ひとつのものにエネルギーをかたむけると、それ以外へ注ぐエネルギーをほぼなくす。オールオア…だから仕事仕事ってなってると、創作への情熱が涸れるし、たぶんそれがこの2年だったのかなあとも思いあたったんだけど、実際の水煮先生の心中はいかに。ジャニーズ見て「はい、かわいさの極み~~~~~~~」とか毎晩IQ溶かすのは同時進行できるけど、それたぶんたいしてエネルギー使ってないんだろうな。まあIQ溶けてるくらいだし。

じゃあいっそのこともうそういう場面で「いやそれは無理無理、わたしこっちにエネルギー使いたいんで」とかたまには自分のモンペ発動させるくらいの勢いでもいいのかな…?と思って

「それって無視しちゃってもいいんですか?」って聞いたら

「いや、無視はできないと思いますね」って返ってきて、だよねーーーーーーーーーーーーーーーってなった。だからこそ自ら考える必要があるわけで。極端なエネルギーの使い方をしていることは心当たりがあるので、もうちょっと、こう、柔軟になれよ!ってかんじか…あわわ…あたま固すぎな。

 事前に作品をお渡しするとそれを踏まえたうえでさらに鑑定してくださる。じぶんがこれまで苦手だと感じていたことや、なかなかうまくいかずにずっと模索していた面に実は風っぽさ(水瓶座のエレメント)が出ていたり、蛇足なのかもしれないけどなくしたくないっていう謎のこだわりの部分をちゃんと書くことがモチベーションにつながったりもするよというおはなしもあって興味深かった。わたしはホロスコープを読めないので、まちがっているかもしれないけど、もしかしたら水(蠍座のエレメント)から眺めるから苦手だと感じたり「あーーーーこれじゃあだめだーーーー」とぐしゃぐしゃしたくなるのかなってイメージなのかな?と思った。かといって意識的に風から眺める方法なんて具現化できないけど…あとは、書きやすいテーマみたいなことも具体的に伺える。

「マニアックな人に向けて」ああ…言われたらなんかすごく納得しかない…「物議をかもすもの」それ書きたいな思いつつ(道徳的に反してるから…)と思うとつい封印しがちなやつ…「理想を押し付けられているひと」「犠牲になっているひと」なんかわかる…すげえわかる…そういうひとや作品すき…そういう解釈にたどり着きがちなキャラクターすきになったりもする…あっ「アイドルとかいいかも」って言われた!アイドルの苦悩…?浅井リョウ先生の「武道館」とか綿谷りさ先生の「夢を与える」とかが脳内にぽんって飛び出てきた…というかあれ?わたしアイドルをすきになったのって少なからずそういう影の部分にも魅力を見出していたのかな。無自覚の意識だけど。

と、まあこういう濃いはなしを1時間聞ける。すごくおもしろい。ちなみにSkypeでの通話鑑定だと3000円。水煮さん、この密度でこの設定は安すぎでは…?

創作以外のことも訊けるということで

「わたし、仕事で成功しますか?」

と大味な質問を投げてしまい、

「すごい質問ですね、なにを持って成功と言うかわからないですが…」

と水煮さんをたいそう戸惑わせてしまった。

おもに給料面の不安から転職をずっと迷いつつでもいまの仕事すきだしな~とかこのまま行っていいのかなとかそういう悶々とした悩みを抱えているのが現状なのだけれど、あとあと考えると「あーこの仕事選んでよかった!」って満足して死ねるか、じぶんの全力を出し切れるのか、そしてプラスアルファとしてそれが安定をもたらすのか、ということが訊きたかったんじゃないかと思う。

 「華々しくどこかの企業で活躍するというよりは在宅が向いているかも」

「えっいま接客業…!」

しかもどこかの企業で…!やっぱりまた転職目論んだりするのかないつかのわたしw現状ではなんの想像もつかないw最後にじぶんがどうなっているのはまったくわからないし、それはそんときってかんじだけど「他人に合わせない人生」がテーマ的な部分っていうのには「(わーお)」しかない。実際あんまり合わせてないけど、変なところで合わせたり変に気を使って、結果として「なんだこいつ」ってなってること多いかもしんない…人付き合い下手すぎるんだよな…やばい書いててつらくなってきた。

いや!でもここ一年がんばりどきって言われたからぜんぶ含めてがんばろう。5年後あたりが大きく動く年だからたのしみですね、とも教えてもらったし!

とにかく今回はとても貴重な体験をさせてもらって感謝です。

こんなはじめてを経験することになるなんて、ほんと人生なにが起こるかわからない。

でもそれもホロスコープには出ているんですよフフ…とかもし言われたら、やっぱりホロスコープはこわい!!