読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞い散る日々のなかで踊れ

二次元とジャニーズを主食に生きてる。

キスマイ担、オルフェンズにあっさり落ちる。

アニメ Kis-My-Ft2

Kis-My-Ft2の宮田くんが出演した『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の特番をみた。特番観ていなくてオルフェンズを進行形で観ている方はネタバレ書いているので気をつけてください。

 落ちる、と言っても正確にはまだ観ていないのだけれど、30分であっさり「やばい、観よう…」ってなった。

オルフェンズは第一期の放送当時、Twitterで毎週話題になっていたので、人気なんだなあくらいの認識でまったく触れてこなかった。たしか岡田さんが脚本書くっていうニュースもちらっとみた気がする。「あの花」*1のイメージがつよかったので、ガンダムってまたずいぶんちがうジャンルのものを…って思ったのを放送観ながら思い出した。

わたしはガンダム自体にそもそもほぼ触れていなくて、観たことあるのは無印とSEEDくらいかな、あとOOは観てみようかなと思いつつ観ていなくて(女子ヲタみのつよいチョイス)UCおもしろいよっておすすめされたり、良平さん*2がサンダーボルトに出るっていうから、去年挑戦しようかなと思ったりもしたのだけれど、ガンダムって敷居高いというか、その正史?U.C?言い方がただしいのかわからなくて申し訳ないが、この作品とこの作品はおなじ世界線?だけどこれはちがって…というのが複雑でどうやって理解したらいいのだろう…混乱。ってなってしまい手の付け方がもはやわからない…というかんじだった。ただ職場でトライエイジのカードを扱っていたことがあるので、登場人物とかモビルスーツの名前だけはちょっと知っているかもな…キュベレイパピヨンきれい…とかそんなレベルのはなしだけど。

 

ロボット系アニメといえば、わたしはエヴァ(ロボットじゃないけど)がじぶんの人生に多大な影響を及ぼしたもの選手権で1,2を争うくらいの作品なので、そっちにどっぷり浸かっていた(Qのつづきはよ)のもあるかもしれない。エヴァは正直、とくに旧アニメや旧劇はメンタル的な意味で観るタイミングがむずかしく、下手すると底まで沈みきってしばらく浮き上がれないまま日常を送ることになるので、ライトな感覚で「またみよーっと」とはならないけど…覚悟がいるアニメすぎてね…

あとはマクロスとかかなあ。Fのシェリル・ノーム惣流・アスカ・ラングレーとじぶん内すきな女性アニメキャラクターランキングにおける双璧だったり、音楽がキーポイントだったり、その音楽がどの作品もすきで。シェリルはもちろんのこと、プラスのシャロン・アップルの「INFORMATION HIGH」をはじめて聴いたときほんとうに衝撃的だった。バルキリーの変形とかも素人目線でかっこいいなとか。

あーあとエウレカセブンもいいね。「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん」ですね。SUPERCARの「STORY WRITER」に乗せてリフする映像にしびれたり、わたしくそサブカル厨女なので、話のタイトルが毎回いちいちかっこよくてやばい!って思ってたな。第48話「バレエ・メカニック」は泣かずにはいられない(追記:まちがえた。47話って書いてたので修正しました)アネモネ…!!

 

…それくらいかなあロボット系は。なので「宮田くんをガンダムにはまらせる」というテーマをそのままそっくり楽しめた。

はじめに竹若さんが「人間ドラマ」「大河ドラマ」と言ったときにすでに、お、もしかしてすきなジャンルのやつかも、と興味がむくむくと湧いてきた。ことあるごとにバックでかかっていたマンウィズの曲もかっこいいから相乗効果もあってなんかドキドキしてきちゃって、やばい、おもしろそう、観ようかな…!アナの方がおすすめしていた戦闘シーン、生々しいかんじでわたしの知っているガンダムじゃないような…?ん、物理?!?!ていうかえっマクギリスかっこいいな!とか高まっているところに投下された3人が選ぶ名場面集。

えっキャラの死……!?!?!?

一期はとっくに終わっているしネタバレもなにもってかんじだけれど、軽率に明かされた重大なネタバレにぎょっとする我。

はなしの前後もキャラクターのことも説明があった範囲でしかわからないけれど、このシーンあやうく泣きそうになった。あのタイミングで曲流れてくるのはだめなやつ…っていうかこの曲鷺巣さんなの!?(ぐぐった)そりゃいいわけよな…

あと向さんチョイスのシーン。

えっさっきの白い女の人もしぬの????

宮田くんじゃないけど、二回目は無しですよ(笑)

だけどすきな方がチョイスしているだけあって、これもなかなかくるシーンですね…あの女の人もしかしたらわたしがすきなかんじのキャラかもしれない。

二度にわたる重篤なネタバレはあったけれど、それでもやっぱり観たいと思ったのでレンタルしてこようかな。この時期棚空っぽかもしれないが…

さいきんめっきり二次元関連によわくなっていて、「君の名は。」どころか「傷物語」の二部も観に行けていないくらいアニヲタ名乗る資格なしなんだけど、ひさしぶりに高まりを覚えた作品だった。

とりあえず公式HPとウィキぐぐってみた。声クラスタとしては声優さんも気になるところ。

主人公は「3月のライオン」で桐山くんやる方かなあ。秋アニメはライオンだけはなんとしても観ようと思っている…羽海野チカ先生も人生に多大な~選手権上位。

あっ例のビスケットくんのシーンに出てきたキャラ、細やんか!!この声だれだっけだれだっけってずっと考えていた。梅原くんや花江くんもいるのね。

っていうかマクギリス櫻井さんなの?!?!あーあの女の人井上さんか!!!あ、これはすごい。あっハーレムのひとは鳥さんなのねwわ、なんか似合いそう。

あまりじっくり読むとさらなるネタバレになりそうなのでざっとスクロールしただけだけど、声優さんも豪華だ。大川さんとか田中さんもいたぞ…

二期のスタートまでに追いつくのはさすがにきびしそうだけれど、ことしの秋冬はちょっとずつオルフェンズを観るのをたのしみしようと思う。

 

なんかひさしぶりにアニメについて書いた気がする。ほんとうは「バスケも恋も、してみたい」の感想を書きたかったのだけれど、あのドラマ観たらなんでか苦しくなってしまって、うまくまとめられないんだよなあ…The普通を目指して藤ヶ谷くんが演じたもさいってかださい土屋くんはすごくよかったし、はなし自体はもうすこしくわしく観たいなあとも思ったくらいよかったんだけど。学園ものの少女漫画読む感覚で観るんだろうなという心がまえが甘かったのかも。刺さった。