読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞い散る日々のなかで踊れ

二次元とジャニーズを主食に生きてる。

キスマイコンに行けないかもしれないはなし。

こんなネガティブなことを垂れ流していいものかわからないけれど、不安すぎてどうしようもないので吐き出してしまおうというはなし。

 

現在、ウイルスに感染してしまったようで、一週間熱が下がらず、自宅療養中である。ブログなんて書かずに寝ろよ、とじぶんでも思うのだが、解熱剤を飲んで熱が下がれば普段どおりなのだ。

ただ、解熱剤が切れると、地獄だ。熱はまた上がりだす。そして解熱剤を飲むしか手がないというきわめてやっかいなところをいったりきたりしている。

先週なんか熱あるなーと思い、風邪かな、と思い、解熱剤と栄養ドリンク飲んで寝れば治るだろうと思ったけれど、まあ治らずに、切れたら飲んで切れたら飲んで、でしごとしていたら、食べられなくなってしまい、貧血状態になってて、もうしごとしちゃだめ!と病院の先生に言われてしまった。

なぜキスマイコンにいけないかもしれないのか、というと、学生の頃にいま疑われているウイルスに感染したことがあって、一か月入院したことがあるからだ。

そのときも熱が下がらなくて、だけどやっつける薬がない、というか、熱出たら解熱剤飲んで点滴して、それが落ち着くまで休養するしか治療方法がない、みたいな。

 病院でそのウイルスかもしれないから検査しましょう、と言われたとき耳を疑った。

だってもうそれ1回かかってるよ?抗体できるもんじゃないの?(『はたらく細胞』で得た知識)と思った。

もともとたぶんみんな保有してて、ずっと潜伏しているようなウイルスなので、免疫下がって再発も、なきにしもあらずかなあとは思ったけど、夜中に悪寒でガタガタしながら布団の中でかんがえてたら、え?慢性化してるの?わたししぬの?みたいに思えてきて、もう不安になっちゃってぼろぼろ泣けてきて、ジャニーズのことかんがえてまぎらわそう、と思って、もうすぐキスマイアルバム発売だな……て思ったところで、〜〜〜〜〜〜!!!!!!(声にならない叫び)

 

ナゴヤドーム間に合わないかもしれない(´;ω;`)っていうかMARSも観に行けないし(´;ω;`)

 

こうなるとにんげん、だめですよねえ。

ほんとかなしすぎてわんわん泣いてしまうんですよいいおとななのに……なにもかもがもうかなしくなるのね。

職場のパートさんたちに迷惑かけちゃうこととか、っていうか去年も甲状腺わるくして迷惑かけてるのにまた…とか思ってなさけなかったりくやしくなってうっ…ってなるし、もうすぐ夏アニメの原作セットとか届きだすから展開考えてたのに……とか、そもそも上司のひどいセクハラに耐えつつ、じぶんなりにしごとをしてきたつもりなのになんでこんな目にあうんだろう~~とか、そもそもおかし食べてPCであそんでいるだけのひとがなんでじぶんの倍も給料もらってるんだろうとか(入社した時期のせいです)、そういうじぶん本位な考えはよくないとは思いつつそんなことまで飛び出してきちゃって、いまや病院代を稼いでいるみたいな状況なのにやすんだらすくない給料がまたなくなっちゃう…とか、すぐなにかにつまづくようなずっと状況がつづいていて、まだ努力が足りないのかもとか、ていうかわたしいっつもこうやって母親に心配ばっかりかけてて、ほんとなさけない!くやしい!みたいにもうぜんぶが負の方向でおそいかかってきて、びぇええええ(;´༎ຶД༎ຶ`)

みたいな…

 いまの職場って、社員が例の上司とじぶんしかいなくて、しごとのこと相談できるひとがぜんぜんいないので、それもずっとかなりもやもや案件で、そもそもさあ!!って、そういうのもきてパーン!!!!!ってなった。なってしまった。

 

病は気からとかいうし、あんまり暗いことばっかりかんがえてると治らないと思うから、なるべく明るいことかんがえよう、と、まだ検査結果でてないじゃーん!と楽観視しようとは思ってるんだけど。

やはり体調不良って自己管理の問題だし、外敵から相当身を守ってきたつもりだったんだけど、潜伏ウイルスにやられるとは……もうこわくてなんもできないよね/(^o^)\

 

そういえば妹(いつもジャニ魂いっしょに行ってる)にわたしキスマイコン行けんかもしれへん…泣、って言ったら、開口一番

「じゃあわたし誰かともだち誘って行こ」ってあっさり言いやがった。

いや、わたしの名義のチケットですやん。くっそー!!!じぶんが行ければ問題ありませんけど?みたいな言い種!!!いや、そりゃわかるけどね!!!でももっとこう、それは二言目か三言目くらいでいいんじゃないの?みたいな、一言目にもうちょっとなんかさーっていう。まあ家族なんてこんなもんだしジャニーズ絡むとこんなもんですよ。うう…涙

 

でもやっぱりまだあきらめたくないから、とにかく間に合うように祈るしかないな、と思っている。